スーパーコンパニオン・サービス 季節や曜日による料金体制

OFF

スーパーコンパニオンを交えた宴会内容は同じでも、季節や曜日によっても料金が異なる宿泊施設も少なくありません。

季節によってサービス料金が異なる理由としては、宿泊先の旅館やホテルの人気料理のシーズンや、観光スポットでにぎわう時期などの予約が難しいからだといえます。

スーパーコンパニオンサービスが期待できる宿泊先は、温泉地が多いという共通点がありますが、その温泉地ならではのグルメ料理が食べられる時期は、お客様も多くなります。

また、曜日によって料金が変わる具体例としては、宿泊日が土曜日や祝日前日の場合は、通常日の料金よりも割高に設定されるという形です。

そして、日曜日や祝日の宿泊料金は2番目で、平日の宿泊がいちばん安いという料金体制を取っているのが特徴です。

スーパーコンパニオンなど、コンパニオンサービスをメインにした旅館やホテルのお客様は、一泊二日プランが多いことが特徴です。

スーパーコンパニオンサービスの利用は、30歳代など若い世代もお客様も多く、生活リズムにメリハリをつけたいのも納得できます。

そのためには、休日前夜にゆっくりとした時間を過ごして、宿泊先施設で休日の朝を迎えて帰路につくプランを望むのは、ごく自然の流れだといえますね。

This post was written by , posted on 2月 9, 2014 日曜日 at 6:14 am

Comments are currently closed.